お客様相談室

同じ商品なのに、お茶の色が違うことがあるのはなぜですか?

飲料製品全般は、製造から時間が経つと徐々に色が濃くなる(製品によっては暗くなる)傾向があります。


賞味期限が長い製品(製造して間もないもの)と短い製品(製造して時間が経過したもの)を

比較すると、同じ製品でも色の違いを感じる場合があります。


また、直射日光や高温多湿の場所に長時間保管すると、色が濃くなる場合がありますので、

直射日光や高温多湿の場所を避けて保管してください。


なお、製品が未開封であれば、容器に記載の賞味期限までお飲みいただけます。

戻る

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

Q&Aを探す

キーワード