お客様相談室

同じ内容量でも「ペットボトル」の液面の高さが違うのはなぜですか?

製造工程において、「ホットパック充填」と「常温無菌充填」の充填方法の違いにより液面の高さが異なりますが、内容量は同じです。


<参考>
ホットパック充填
加熱殺菌した内容液を高温のままペットボトルに充填し、密封する方法です。 内容液を高温の状態で密封し、その後、内容液が冷めて常温に戻るとペットボトル内の気体の体積が小さくなるため、 ペットボトル内の圧力が低くなり、ペットボトルが内側に引っ張られ、その結果、液面が高くなります。

常温無菌充填
無菌状態の環境で加熱殺菌した内容液を常温で充填し、密封する方法です。 内容液を常温で充填するため、気体の体積は変化することなく、ペットボトル内の圧力も変わらないので、液面の高さは変わりません。

戻る

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

Q&Aを探す

キーワード