アツいまちサミット

環境省後援「第7 回アツいまちサミット2020」が開催されました!

アツいまちサミット.jpg

2020年6月6日(土)、日本の歴代最高気温を記録した4都市である熊谷市(埼玉県)・四万十市(高知県) ・多治見市(岐阜県)・山形市(山形県)がタッグを組み、暑さ対策先進都市として「住みやすいまちづくり」に取り組む一般社団法人アツいまちは、2020年6月6日(土)に環境省をはじめ各県、各市の後援のもと、株式会社伊藤園(共催)と「第7回アツいまちサミット2020」をオンラインにて開催しました。

 7回目となる今回は、昨年の各都市の暑さに対する活動報告、共催である株式会社伊藤園の取り組み、また「暑さ対策×おうち時間」をテーマに市民団体や学生が考えた、この夏の各市のアイディアを発表しました。

暑さ対策先進都市ならではの「暑さ対策×おうち時間」アイデアが盛りだくさん!

 各チームで考えたアイデアをプレゼンテーションし、暑さ対策先進都市ならではの「暑さ対策×おうち時間」のアイデアが出てきました。各チームのアイデアを簡単にご紹介します。

            

■熊谷市 「今年はおうちで直実時間!盆踊り練習をZOOMにて開催」

8月に開催予定の盆踊りを目標に、盆踊りの練習をZOOMにて開催することを提案。

熊谷に縁のある「熊谷次郎直実 (平安末期〜鎌倉初期)」の「直実節」をおうちで踊り、汗をかくことで、こまめな水分・ミネラル補給を習慣的に身に付ける活動です。新型コロナウィルスの影響により、この夏におうちにいる時間が増える中、おうちでも楽しく体を動かし、熊谷の文化について理解出来る機会をつくります。

踊りの練習に参加した回数に応じて直実にまつわる景品も用意します。

                   

■四万十市 「米ナススタンプラリー × おうちでつくろう米ナス料理」

夏バテや体を冷やす効果があるといわれる四万十市の特産品の「米ナス」。

今年は四万十市の米ナススポットを巡る「米ナス スタンプラリー」や、おうちで作った米ナス料理をインスタグラムで投稿すると米ナスやむぎ茶がもらえる施策などを行います。昨年度までの、野菜ソムリエとの「米ナススムージー」開発やナスフェスにて米ナスの食べ方提案といった取り組みから、さらに参加を促す仕組みを作ることで興味関心を高めていきます。

                       

■多治見市 「美濃焼×テイクアウト×冷『ひや盛り』でおうち時間を涼しくおいしく楽しもう」

「やきもの」のまちとして知られている多治見市では、テイクアウトしたメニューをおうちで召し上がる際、涼しげな食器には美濃焼を用いて、自分なりの涼しいポイントを取り入れた盛り付けをおこなう「ひや盛り」を提案。実際に「ひや盛り」チャレンジ写真コンテストを実施予定です。

地域の誇りである「やきもの」を活用しながら、おうち時間を涼しく楽しんでもらうことができます。

                     

■山形市 「山形の郷土食 あなたの知らない⽔まんまの世界」

山形市では、伝統的な水まんまと現代らしくアレンジされたオリジナル水まんまを、SNSを中心に広めていく活動を提案。

地形的な暑さから生まれた、先人の知恵である山形ならではの食文化を若者にも知ってもらい、おうち時間をおいしく涼しく楽しんでもらう取り組みです。

暑さ対策の重要性について医師の黒沢先生からコメント

各市の取り組みの発表の後、医師の黒沢先生より、暑さ対策についてコメントがありました。

暑さによる健康リスクは、日中の屋外だけではなく、実は室内でも注意が必要です。特に乳幼児や高齢者は注意が必要です。暑さ対策には、水分だけでなく体の健康維持に必要なミネラルの補給が大切なため健康ミネラルむぎ茶を推奨します。カフェインゼロ・無糖のむぎ茶をこまめに飲む「点滴飲み」を実践することで上手に暑さ対策を行いましょう。

伊藤園は共催として今年も参加!

アツいまちサミットに伊藤園は共催として参加。伊藤園は「健康ミネラルむぎ茶」を通して、暑さ対策における先進4都市とともに、日本の暑さ対策を考え、取り組んでいきます。

医師の黒沢先生のお話の後、各都市と中継を結び、暑さ対策として、「健康ミネラルむぎ茶」を全員でミネラルゴクゴクしました。

最後に、各チームが考えたアイディアをこの夏に4都市(熊谷市、四万十市、多治見市、山形市)で実施することを『アツいまち共同宣言』として採択し、「第7回アツいまちサミット2020」は閉幕しました。

この夏の活動も随時更新していきます。