会津塗


400年の技が今に息づく

会津塗は、福島県会津地方で作られている漆器で、その歴史は16世紀後半に始まります。縁起のいい意匠や多彩な加飾の美しさが特徴的で、松竹梅などのモチーフで構成された「会津絵」や、消金粉の中でもとりわけ細かな微細金粉を用いた、「消金地(けしきんじ)」は会津塗に代表される技法です。