備前焼


日本遺産六古窯

備前焼が「落としても割れない」といわれるほど固くて丈夫なのは、「田土(ひよせ)」と呼ばれる土を高温で焼くためです。また「使い込むほどに味が出る」とも言われ、派手さはないが飽きがこない日用雑器として重宝されました。釉薬を一切使わず、置き場所、炎の当たり、灰の降り方によって豊かに様々な表情へと変化します。