波佐見焼


日本遺産肥前やきもの圏

波佐見焼は朝鮮から陶工を連れてきてことに始まり、約400年の歴史を長崎県波佐見町で作り上げてきました。中でも「くらわんか碗」や、染付白磁の「コンプラ瓶」が有名です。この地域の特色として、分業制が確立されており、必要なプロセスごとにその道のプロが集まり、窯元や会社の垣根を超えてひとつの焼きものを仕上げています。