伊万里・有田焼


日本遺産肥前やきもの圏

日本初の磁器として有名な有田焼ですが、当初は伊万里の港から積み出されたため伊万里焼と呼ばれました。現在では佐賀県有田町・伊万里市で焼かれたものが、それぞれ有田焼・伊万里焼と称されています。400年の歴史の中で「古伊万里」や「柿右衛門」「鍋島様式」などが生み出されました。白く美しい磁肌、華やかな絵付、高い耐久性で世界中のファンを魅了し続けています。