笠間焼


伝統と多様性

笠間は茨城県のほぼ中央に位置し、江戸時代から続く窯業地です。1950年に茨城県窯業指導所が設立され、全国の芸術家を誘致する事業を始めたことで斬新な表現と技法が生まれてきました。「特徴のなさが笠間焼」という言葉には、伝統を尊重しながら新しい波を受け入れてきた笠間焼の比類なき多様性を表しています。