瀬戸焼


日本遺産六古窯

愛知県北部にある瀬戸では、陶磁器を「せともの」と呼び、古くから続く日本を代表する産地です。鉄分がほぼ含まれない粘土により白い素地を活かした多彩な製品が生み出されました。西洋の手法も積極的に取り入れており、その柔軟さは瀬戸を多種多様なやきものが生産される日本屈指の窯業地としました。

専用応募ハガキのダウンロードはこちら(PDF)