信楽焼


日本遺産六古窯

信楽は琵琶湖の南側に位置し、ここで採れる土は耐火性に優れ、コシがあるのでタヌキの置物で有名なように、大物や肉厚の陶器を造るのに適しています。その仕上がりは、他産地と決定的に異なり、小石が多く混じった白い土肌、緋色の焦げ目、緑や黄緑色の自然釉や乳白色の斑点、という素朴な味わいが最大の魅力です。