丹波焼


日本遺産六古窯

兵庫県丹波篠山市周辺が産地で、現存する最古の登窯(のぼりがま)があります。立杭焼(たちくいやき)とも呼ばれますが、「丹波立杭焼」の名称で伝統工芸品の指定を受けています。登窯での焼成は最高1300度に達し、その結果できる器の上に降りかかった灰が釉薬と融けあい窯変する「灰被り」と呼ばれる魅力的な色や模様が特徴的です。