砥部焼


日本遺産肥前やきもの圏

砥部焼は1700年代に始まり、四国一の焼き物の里として知られている愛媛県伊予郡砥部町周辺で作られています。やや厚手のぽってりとした白磁に、薄い藍色の呉須で描かれた手描きの絵模様が特徴です。昭和初期には一度不況に陥りましたが、柳宗悦が手作り・手焼きを評価したことで現代にもその魅力が受け継がれています。