新登場

2022年産新米を使用※ 炒りたて 玄米茶 ※米の一部に新米を使用

玄米茶とは

水に浸して蒸した米を炒り、
これに番茶や煎茶などをほぼ同量の
割合で加えたお茶が「玄米茶」です。
京都のお茶屋さんが正月の鏡餅を砕き、
炒ったものをお茶に混ぜて飲んだのが
はじまりといわれています。

炒りたて玄米茶

炒ったお米と緑茶と抹茶をブレンドし(国産100%)、
お米特有の甘香ばしい香りを
お楽しみいただけます。

(カフェイン少なめ※)
※「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」の玄米茶抽出液比

香ばしく炒ったお米 + 緑茶 + 抹茶
『香り炒りたて』お米の一部を炒ってすぐに抽出し、
炒りたての香りを閉じ込めた玄米茶飲料です。

お米を炒ったふくよかな甘香ばしい香り

お米の香ばしさを引き立たせる新製法
「炒りたて抽出」を採用。
飲料工場にて抽出前に原料となるお米
を再度焙煎することで、発揚した香りを
お茶に閉じ込めました。

お米のおいしいところだけ。

純米うまみ磨き

国産の玄米からもみ殻や
ヌカを丁寧に取り除きつつ、
香ばしさのポイントとなる
“うまみ層”を残すように
磨くことで、雑味のない
豊かな味わいに仕上げています。

三段階焙煎

磨いたお米から香りをより
一層引き出すため、段階的
に火力を調整しながら、
芯までふっくら丁寧に焙煎
します。

pagetop