お茶の成分と健康性

Tea health

機能性表示食品 商品

一番摘みのお~いお茶

一番摘みのお~いお茶 一番摘みのお~いお茶
特設サイト

ガレート型カテキンには、
「BMIが高めの方の体脂肪を減らす」
働きがあることが報告されています。

ガレート型カテキンとは

「茶カテキン」は、健康によいとされる
成分「ポリフェノール」の⼀種で、
緑茶の渋みのモトです。
「カテキン」を細かく⾒てみると、
主に8種類のタイプがあります。
それらは構造の違いによって、
「ガレート型」と「遊離型」の
2つに分類することができます。
この「ガレート型カテキン」には、
体脂肪の吸収を抑える働きがあります。

ガレート型カテキンの働き
脂肪吸収抑えてくれる

⾷事から摂った脂肪は、消化酵素(リパーゼ)
によって分解され、吸収されます。
ガレート型カテキンは、この消化酵素(リパーゼ)
の働きをブロックし、
脂肪の吸収を抑えます。

ガレート型カテキンが体脂肪を減らす。 脂肪吸収抑制の仕組み

テアニン・茶カテキンには、「認知機能の精度を高める 」働きがあることが報告されています。

※認知機能の一部である注意力(注意を持続させて、一つの行動を続ける力)や判断力(判断の正確さや速さ、変化する状況に応じて適切に処理する力)


テアニンとは

テアニンはお茶に含まれる特徴的なアミノ酸の一種です。
アミノ酸は主にお茶のうまみ成分で、お茶に含まれるアミノ酸の半分以上がテアニンとなります。