お~いお茶 お~いお茶

おいしさで選ばれて売上No.1 おいしさで選ばれて売上No.1

「お~いお茶 緑茶」への
お客様評価※2

  • ☆おいしい95.8%
  • ☆満足度95.0%
  • ☆毎日飲んでも飽きない93.4%

お~いお茶は、1989年の発売以来※3
キャップを開けた時に広がる心地よい香りと、
お茶本来のおいしさを追い求め続けています。

お客様の一日に寄り添い、
おいしく味わっていただくため
お茶の“鮮度”にこだわりお届けしてまいります。

  • ※1 インテージSRI無糖茶飲料市場2020年1月~12月販売金額
  • ※2  2021年品質を試飲し、上記質問に対してどう思ったかの質問に6段階評価中上位3段階に回答した人の割合
    調査主体:自社調べ(調査委託先:日本インフォメーション)
    調査方法:集合調査
    調査実施期間:2021年7月28日~30日
    対象者:首都圏在住男女(20~69歳)120名 /月に1回以上緑茶飲料を飲む人
  • ※3 前身の世界初の緑茶飲料「缶入り煎茶」は1984年に開発
キャップを開けた瞬間、一番おいしくお飲みいただくために。

“鮮度”への6つのこだわり

Q.なぜ鮮度にこだわるの?

いれたてのお茶は味も香りも良いですが、
時間が経過すると味の劣化が進んでしまいます。

いれたて
時間経過後

ペットボトルも同様、時間が経過すると酸化し、
劣化してしまいます。
その原因は
①酸素②茶殻による濁り

酸化成分が増加
※伊藤園調べ 経時前を
100とした時の指数
茶殻による濁り
※画像はイメージです

だから、
「お~いお茶」はキャップを開けた瞬間に、
一番おいしく飲んでいただく為、
6つの『鮮度』にこだわり、
いつでもどこでもおいしく飲める品質を
お客様に提供しています!

閉じる
Q.なぜ鮮度にこだわるの? 答えはこちら
01

鮮度茶葉

変わらぬ美味しさを
実現するための鮮度保持

お~いお茶は、国産茶葉のみを使用するとともに、
各地の茶農家の方々の協力のもと、
時には地元の市町村や事業者と一緒になって
耕作放棄地を開墾し、
お~いお茶専用の茶園にて
茶葉を栽培していただいています。

茶産地育成事業

原料茶葉から
味わいづくり

「お~いお茶専用茶葉」は、
じっくり、ゆっくりお茶の葉が開くため、
余計な雑味が出ず、
おいしいところだけが
しっかりと抽出できます。
そのため、過剰なろ過をすることなく、
金色透明のきれいな液色と、
お茶の葉本来の旨みと香りのつまった
味わいに仕上がります。

茶葉の特長を
生かしたブレンド

いつ飲んでも、同じ「おいしさ」を
お客様のもとへ届けるため、
お~いお茶で使用している茶葉は、
荒茶(一次加工後の茶葉)段階で
茶葉の味わいを見極め、
数ある原料茶葉を
最適な配合でブレンドしています。

02

鮮度保持火入れ

伊藤園のお茶職人が
仕上げる茶葉

原料茶葉の香りと味わいを高めるために行う
仕上げ工程を“火入れ”と呼びます。
お~いお茶では、「新・後火仕上げ製法」と呼ばれる、
伊藤園の“茶師”が長年の経験を活かして、
茶葉の色や形状、蒸し方、産地などの
特徴を見極めながら、
火入れの温度や時間を微妙に調整し、
検査機器では出にくい
繊細な味、香りの違いを見極めて、
味わいづくりをしています。

茶葉の芯まで
じっくりと火入れ

マイクロ波火入れで茶葉内部まで均一に
温め、
芯水(茶葉の中に含まれる水分)を
じっくりと逃
がします。
短時間で乾燥するため、うまみ、香りの鮮
度が守
られます。

03

鮮度保管

保管も鮮度を守るために必要な要素。
保管の際の最大の問題点は「温度」。
高すぎても低すぎても、品質は劣化してしまいます。
伊藤園では保管する倉庫内も
適切な温度を保ち
鮮度を守っています。

鮮度品質を
管理しながら出荷

適切な温度で保管された原料は
製造数に合わせて必要な分だけ充填工場に出荷
します。

04

鮮度抽出

無香料・無調味

お~いお茶は、急須に茶葉とお湯を入れて
お茶をいれる、
ご家庭と同じ方法でいれることで
素材そのままのおいしさをお届けしています。
通常の急須でいれるお茶の葉は、
一煎目、二煎目、三煎目と
それぞれの味わいを
お好みで愉しめるようにつくられていますが、
お~いお茶はその時の気温や
気候に合わせて抽出した
一煎目のみを使用しています。

世界初*
急須式抽出機

急須の味わいを実現するため、
世界初*の急須式抽出機を開発しました。
その日の気温や天気などに合わせ
温度、時間、角度を人の目で確認しながら調整し、
おいしいところだけを丁寧に抽出しています。
*1985年緑茶飲料として

クリアだから、
おいしい

抽出液中に含まれる茶粒子や浮遊物は、
お茶を酸化させる原因や雑味のもととなります。
お~いお茶は、抽出液をマイクロフィルターで
ろ過することで、余分な雑味などを取り除き、
お茶の香りとおいしさをさらに引き出し、
いれたての鮮度を保持しています。

05

鮮度充填

お茶は酸素に触れることで風味を損ないます。
お茶の酸素量を極力抑えることで
酸化劣化を防止します。

酸素量を極限まで
減らし
を守る

お茶は酸素に触れることで
風味を損ねてしまいます。
お~いお茶は、お茶の抽出液中の酸素量を
0.0003%以下に抑える
“「新・フレッシュ無酸素充填」製法”を開発。
緑茶の大敵である酸素を、
液中からもペットボトル
からも
できるだけ取り除き、鮮度を守っています。

06

鮮度ボトル

を守る
新型容器採用

新型容器「新・鮮度ボトル」を採用。
パッケージラベルで守りきれない
肩部をカット形態にし、
緑茶が劣化する原因の一つである「光」を
乱反射させることで、
中身のおいしさを守ります。

商品ラインアップ

もっと見る

2021.10.01
ネクタイの日

ネクタイを
締めて闘う
顔になる

兵庫県 北迫 嘉幸(48歳)

2021.10.02
豆腐の日

夕方の
夕日が似合う
豆腐屋さん

神奈川県 石川 真成(14歳)

2021.10.03
登山の日

父の背を
追い踏み締める
登山道

新潟県 吉田 恵(16歳)

2021.10.04
古書の日

放課後の
古書の香りと
秋茜

千葉県 小池 依奈(18歳)

2021.10.05
レモンの日

檸檬食べ
気持ちを外に
放射する

千葉県 加藤 奈々(34歳)

2021.10.06

さか上がり
がんばれおしり
あとすこし

埼玉県 高木 綾音(8歳)

2021.10.07
シャツの日

はみ出した
シャツで隠した
正義感

北海道 山下 美央(41歳)

2021.10.08
木の日

ファッションショー
紅葉した木が
きどってる

岩手県 川畑 美紗希(14歳)

2021.10.09
トラックの日

軽トラの
荷台にのせる
稲穂かな

岐阜県 名畑 駿介(15歳)

2021.10.10
銭湯の日

銭湯で
小さくなった
父を見る

群馬県 木村 圭太(16歳)

2021.10.11

青空を
よこどりするのは
ひつじ雲

広島県 周藤 雪楽(10歳)

2021.10.12

実る稲
そよ風と共に
踊ってる

千葉県 佐藤 弘樹(16歳)

2021.10.13
サツマイモの日

さつまいも
どすこいどすこい
せめてくる

青森県 赤坂 菜摘(9歳)

2021.10.14
鉄道の日

列車窓
自分だけの
スクリーン

茨城県 會澤 智子(32歳)

2021.10.15
きのこの日

きのこ狩り
山のにおいが
ただような

兵庫県 下島 海人(14歳)

2021.10.16

転びても
喝采浴びる
運動会

奈良県 久米 朋尚(71歳)

2021.10.17

だいしゅきと
孫から告白
糸電話

東京都 笠間 千草(39歳)

2021.10.18
十三夜

十三夜
森に走り根
絡み合う

愛媛県 有馬 史夏(17歳)

2021.10.19

ぎんなんは
茶わんむしの
おへそかな

愛知県 井上 智紀(9歳)

2021.10.20
リサイクルの日

このおかず
昨日も見たな
リサイクル

千葉県 渡辺 瑞穂(12歳)

2021.10.21
あかりの日

外灯に
今日も独りの
影法師

徳島県 原 敏彦(37歳)

2021.10.22

空が見たい
想いはじけた
栗の実よ

愛知県 柳澤 佑奈(16歳)

2021.10.23

紅葉もゆ
負けじと私
紅を引く

長野県 比田井 美穂(25歳)

2021.10.24

客ひとり
秋風連れて
バスに乗る

兵庫県 三浦 友里江(15歳)

2021.10.25

新米を
食べては馳せる
故郷の空

東京都 外立 みやび(24歳)

2021.10.26
柿の日

柿日和
甘える猫を
膝枕

東京都 篠田 大佳(27歳)

2021.10.27
読書週間

えほんすき
ふたりでよむと
たのしいよ

広島県 平井 雨響(5歳)

2021.10.28

落花生
大地のにおいと
ひっこ抜く

静岡県 佐野 智香(42歳)

2021.10.29

僕がいて
りんごみたいな
君がいる

沖縄県 山城 未夢(17歳)

2021.10.30
香りの記念日

香水を
変えてモードを
切り替える

長崎県 内野 由紀子(35歳)

2021.10.31
ハロウィン

店の中
ケラケラ笑う
カボチャたち

埼玉県 羽鳥 彩花(11歳)

公式ページ

キャンペーン

環境への取り組み

もっと見る

安心安全へのこだわり

もっと見る

pagetop