「水」のよくいただくご質問一覧

「缶」や「ペットボトル」などの飲料は冷凍保存してもいいですか?
冷凍保存しないようお願いします。   凍らせると内容液が膨張し、容器に負荷がかかり、破損することがあります。 冷凍兼用のペットボトル商品がございますので、冷凍したい場合はそちらの商品をご利用ください。
「缶」や「ペットボトル」などの飲料の温め方を教えてください。
耐熱容器(マグカップなど)にお飲みになる分だけ移して、電子レンジで軽く温めてお飲みください。 急激に温めるなど、加温状況によっては沸点を超えても沸騰しない過加熱状態となることがあります。そこに振動などの衝撃が加わることで…
ボトル缶を開栓後、かばんに入れていたら漏れてきました。なぜですか?
キャップが破損・変形すると、密封性が保てなくなり、しっかり閉めても中身が漏れる場合があります。 ボトル缶は容器口部とキャップ内側の樹脂が密着することで密封性を保っています。 落下や硬いものへの接触により容器が変形したり、…
段ボールに「コールド専用品」と書いてありますが、冷やさないと飲めないのでしょうか?
そのままでもお飲みいただけます。   「コールド専用品」とは、『ペットボトルのまま温めないでください』ということです。常温でも冷やしてもちゃんとお飲みいただけます。温める場合は中身を耐熱性のマグカップ等に移して…
開封してから数日経った「缶」や「ペットボトル」などの飲料に何か浮いていますが、飲んでも大丈夫ですか?
数日経過の場合、飲むことはお控えください。 保存料・防腐剤が入っていないため、開封後は日持ちがしません。 空気中の微生物や埃などを取り込み、内容液が変質している可能性がありますので、飲むことはお控えください。
車の中に置きっぱなしにしていたのですが、飲んでも大丈夫ですか?
味わいが変わることがありますのでおすすめしません。 容器が破損したり、中身が変質する場合もありますので、直射日光のあたる車内などの暑くなる場所に長時間置いておくことはお控えください。
妊娠中や授乳中でも飲んでいいですか?
妊娠中や授乳中でも安心してお飲みください。 妊娠中はカフェインを控えるべきといわれることが多いですが、日本では妊娠中のカフェイン摂取量に明確な基準はありません。緑茶については、下記のカフェインの含有量を目安に、医師・薬剤…
やわらかい「ペットボトル」があるのはなぜですか?
ペットボトルを薄くすることでやわらかくなります。 ペットボトルを薄くすることで、原材料(樹脂)使用量を削減して環境負荷を最小限に抑えています。また、リサイクルに出していただく際に、つぶしやすくなっています。
「ペットボトル」の「キャップ」上部に5mm位の切れ目がありますが、これは何ですか?
内容液を充填した後に、キャップ内を洗浄するためにつけられた切れ目です。   未開封の製品の密封性は天面で保持されていますので、中身への影響はありません。