「茶葉・抹茶製品」のよくいただくご質問一覧

未開封の状態で、「茶葉商品」や「ティーバッグ商品」などの賞味期限が切れてしまいましたが、飲んでもいいですか?
期限の過ぎたものをお飲みになってもお体に障ることはありませんが、おすすめはいたしません。 賞味期限はおいしくお飲みいただける目安です。
「茶葉商品」や「ティーバッグ商品」の開封後の保存方法を教えてください。
一度開封したら密封性や遮光性のある容器に移して、冷暗所に保存してください。 冷蔵庫や冷凍庫での保管も可能ですが、開封する際には常温に戻してから開封してください。(袋が冷えた状態で開封すると、庫内と室内の温度差で結露が生じ…
「緑茶」を飲みすぎると、「カフェイン」の過剰摂取になりますか?
通常の分量、濃さでお飲みいただく分には問題ありません。 カフェインの体への影響は個人差が大きいため、健康に及ぼす影響を正確に評価することは難しく、日本ではカフェインの一日摂取許容量(ADI)は設定されていません。オースト…
「お茶」をいれてすぐに冷やしたら、白く濁ってしまいました。
クリームダウンという現象です。   お茶の成分であるカフェインとタンニンが冷やされることによって結合し、白く濁ることがあります。この現象をクリームダウンといい、緑茶や紅茶、ウーロン茶などで起こります。品質上問題…
いれてから時間の経った「お茶」は飲んでもいいですか?
抽出後は、冷蔵庫保管にてその日のうちにお飲み切りください。   「お茶」はいれてから時間が経ってしまうと、味わいなどが変化してしまいますのでお早めにお飲みください。日をまたぐなど長時間常温で放置されたお茶を飲む…
妊娠中に「緑茶」を飲んでもいいですか?
「妊娠中はカフェインを控えるべき」といわれることが多いですが、日本では妊娠中のカフェイン摂取量に明確な基準はありません。 下記のカフェインの含有量を目安に、医師・薬剤師にご相談ください。 ● 煎茶:20mg ● 玉露:1…
「緑茶」を水出しでつくると「カフェイン」はなくなりますか?
カフェインはなくなりません。 水出しでつくることで、カフェインを減らすことはできますが、全く抽出されないということはありません。
「緑茶」は子供が飲んでも問題ないですか?
お子様の年齢によりますが、大人と同量で飲ませることはお控えください。 緑茶には、覚醒作用や利尿作用のあるカフェインが含まれています。摂取量やお茶の濃さを調節していただき、 様子をみながら判断していただくことをおすすめしま…
「緑茶」と「煎茶」に違いはありますか?
「緑茶」は不発酵茶全般を指し、「煎茶(せんちゃ)」は緑茶の一種です。 「緑茶」は、茶葉を発酵させずにつくった茶葉を指します。乾燥した茶葉や、急須でいれたお茶、ペットボトルなどに入ったお茶の総称です。 「煎茶(せんちゃ)」…
「濃茶」用抹茶と「薄茶」用抹茶は何が違うのですか?
飲み方や使い方が異なります。 一般的には、「薄茶」は、1人前約2ℊの抹茶を茶筅で点(た)て、一人一碗づつ、飲みます。「濃茶」と比べて香味が淡白であることから、「薄茶」といわれます。 「濃茶」は、上質な抹茶を「薄茶」より多…